2009年振り返り

まぁ絶賛大不況継続中、デフレ進行中と言っておいて間違いなかろう。いやしかし、ちょっと意見ぽいことも記しておかないとイケないような勘違い。
まぁデフレ進行、人的コストの削減による企業利益確保が元凶なんだろうと感じます。残したい利益の確保は反面下げ代の発生、市場競争の上では売価の低下に反映しますわ、そりゃ。人的コストは結局のところ購買層に投入する原資ですのでケチりゃ買いません買えませんていうかそもそも新車なんて要りません層が台頭。エコポイント付けようがエコカー減税しようが、企業の利益に留保されちゃ市場の購買力にはなかなか還元されず割引競争の体力として消耗してしまう。安易かもだけど不況ループここだけで1周。働いてる人って原価意識とかシステム維持コストとかその辺の知識経験を鍛えていくワケで、購買層に回ったときにも無駄なもの要らなくなるしねぇ。
「1世帯に主たる所得者1名」のバランスに振っていけばデフレ輪廻も少子化による福祉底支え層の減少傾向の歯止めにも効き目があるような気がするんだけどなぁ。

広告を非表示にする