お仕事関係

今日はプランニングした物件の仕上がり評価の1日。今年の仕事では2番目のデカブツ,売上はワシの年収の10倍で粗利益は20%くらいになっちゃうのだろうか,つまり年収の2倍。アウトラインの決定と出来上がりの評価関係が個人として仕事の範疇であと詳細決定とか実施とか全体枠のマネジメントとかで出来上がった成果なわけだ。のべ5人くらいの労力だから同じボリュームの物件3本くらいが年収に見合う仕事量になるのかもしれない。実感もうちょっとやってる,と思うけど。
いやまぁ,なんでこんなこと考えたかってやっぱり不況アオリニュースの所為で。製造業ライフとその対価と雇用の安定が,つまんないノイズに揺さぶられる感じに腹が立って。
でも,乗用部門自動車産業はマーケティングの失策だよね,とも思う。大型化高級化路線のモデルチェンジを「失われた10年」を通じて押し通してきたんだぜ,トヨタホンダニッサンエコカーの売価を維持して購入助成金を実質的に還流させてたような疑惑も感じるよね。ゲンダイとかが調べてくれないかなぁ。

広告を非表示にする