テレビ観戦3本立て

プレミアリーグ リバプールvsフラム(フルハム

やっぱりクラブの目標主眼のリーグでの試合がガチ。クラブ選手権とか親善マッチとか選手がバラけたナショナル代表戦とかあるけども,やっぱりクラブでの年間リーグ戦がチームにとって最重要課題,パフォーマンスは最大限だわ。ジェラード(8)がダイジェストでよくみるドッカンミドルだけじゃなくて,キッチリ場所作ってフィジカルも強くて移動も早くて適切,ってことが確認できた。あと中継カメラがかなり俯瞰視点でピッチを見下ろすに設置されている。なんとなくサッカー文化に「犬を噛み付き合わせる興奮」を感じていたんだけどやっぱそうかな,と確認。でも「鳥の目線」で試合の局面を判断できるプレイヤーはこんな映像を見て育つんだろうな,とも思う。

高校サッカー大阪代表決定戦 大阪学院vs近大付属

直前のプレミアを引き摺って見る。必死でドカドカ蹴り合っているだけに見える。ただ,闇雲に悲壮。実力は近大が勝っていたのだろうか,でも学院も頑張ってドロー延長。近大先取,さらに残り一分で追加点,その瞬間負けた顔した学院選手とすべてのアマチュア競技選手に言いたい「終わらされるまで勝つツモリを投げ出すな」。

日本代表U22五輪出場枠争奪戦

背水の陣の日本代表,自力はない,たくさん点を取って備えるだけ。相手はベトナム。4点取った。銀髪柏木が当たった,FWボーズまっつんは頑張ったけど空回りぽかった,ソータは出番がなかった,ホンダケースケは貫禄増してきたけどPKは李に譲ってもよかったんじゃないか,ハットトリックの方がニュースバリューあるし。アウェイだったけどオシムへのメッセージ横断幕が張られていた。

広告を非表示にする