読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早稲田松竹2本立て「淵に立つ」「怒り」

■淵に立つ

浅野忠信の息子がいい子、けど淵を見せない。起こり得ないトラブルに内心「自分のシデカシのオトシマエ」納得を得てそれぞれ生きてく皮肉。エンドロールの照明テクニシャンにシンゴジラにも居た泉谷しげる氏。

■怒り

「演技力甲子園」みたいな感じ。ブルーリボンピエール瀧なのに21世紀枠みたいな感じになってる。連続空き巣とか回収されてない伏線も気になる。どっちにも見える

モンタージュ画像を生成した美術スタッフはなんか受賞できたのかな。

 

どっちも「真犯人」の必然性がなんだかそっちのけで、あれ?考えオチみたいな。