名画座二本立て

池袋に行ってみたブクロ、名画座。なにを流しててもとにかく休日にはここに来てそうな風体の爺さんズが観客の過半数で不思議。

もらとりあむタマ子

我が自宅でごろごろ録画したテレビみてゲラゲラ笑う長女を眺めさせられているかのような映画。時間は常に前に進んでおり、今と同じでは居られない。四季を追う舞台、基本は前田敦子が部屋着でゴロゴロして父(尾藤イサオ)が用意するメシを食う繰り返しなのですが、からかい役で出てくる中学生ボーズが春1年生の子供からまた春を過ぎ思春期に差し掛かるところに感心。

http://www.bitters.co.jp/tamako/sp/introduction.html

地獄でなぜ悪い

霧島が部活辞めるてよとかマジックアワーみたいな映画on映画でキル・ビルみたいなブルース・リーオマージュでキル・ビルみたいに斬って斬って、走ってズームして走ってキレて。銃撃シーンで白い羽根が舞って、爺さんの映写技師がいて。乳母車が階段を落ちる場面はなかった。あとなんだか井筒和幸感。

http://play-in-hell.com/

広告を非表示にする