親の役割みたいなもの

大雑把には「社会の誰かに役立ちたい気持ちを備え、なるべく多くの誰かのためになる能力を身に付け」た人格を社会に送り出す、ことかなぁというココロ構えを準備していて。