思い出ポロポロ

夜になって小2末男が「4Bのエンピツを学校に持って行かねば」という。若干の心持ちのユトリもあり「じゃぁコンビニ行って買ってくるよ」と家を出る、家人は売っちゃいないわという。テクテク歩く。思い出した風景、同じように小学校低学年のころだったろう、白地図の宿題。なんの区別かは覚えていないが「緑色」「うす緑色」に塗り分けよとの課題、困った。持っていた12色の色鉛筆には「緑色」「黄緑色」はあるのだが「うす緑色」はナイ。みんなはどうするのだろう?特殊なハイカラ多色鉛筆を持ってる子も居たが少数でありその他多数派に「うす緑色」はナイはず。しかし、だ。ここで「黄緑色」を使うと黄色が入ってるぶん緑エッセンスに雑味が効くのも違う、などと。
そこで、緑色鉛筆一本ですよ。「緑色」指定部分を力強く濃く塗る。濃さを一定にすることはかなり難しくムラムラな出来上がりだ。「うす緑色」部分は普通の力加減でどうにか塗る。しかして翌日の発表。みーんな黄緑色で塗ってんじゃん。

広告を非表示にする