とうとう解禁日

まーなんだ,もっとアレ,そう。ボジョレーヌーボー祭りみたいな盛り上げあってもよかったかな,いや十分話題振りまいて盛り上がったけどさ。こう,佐川急便コスチュームの人が台車押してお届け競争するとか,チャーターセスナから落下傘投下とか,最短距離の地下トンネルからお届けとか。
まぁ,盛り上がりどころが「どんだけ早く入手読破して出来をクサすか」てところに絞られちゃったらしくて残念です。いやしかしおい,お前さんに40歳中年ダメ男の何が語れるっちゅーねん,という怒りももちろんある。そんな「笑うせぇるすまん」なら俺のコッチでもよかったんじゃねーの,と。

まぁ忍者関係だよね,タイトルからして。でも時代劇背景はちょっと違うか,忍者の末裔とかで組織からのコロシの任務を請け負う男,そんな感じで。真田ユキムラの血筋とかが大本の組織とかプロット。一子相伝みたいなノリで集められた中で最終的にコロシ合って残ったミッションエリート,政治とか巨悪とかがクライアントなので訓練と外科的な処置で1件のシゴトごとに記憶を失う掃除屋,コードネームがKAGEROU

で,メインのストーリーになるターゲットは巨大企業の令嬢12歳,これがまたいい子。家庭教師みたいに接近して事故を装い抹消する計画だがKAGEROUの記憶関係をくすぐるくらいいい子でなんか結局自爆とかいう結末,でどうだ。テキトーに見たことある感じで組み立ててみた,絶対違うな。

広告を非表示にする