死刑廃止論

私は死刑制度に反対である。そこに至ったよりどころは『ヒトはヒトを殺さない』ってシンプルな理想というか原理。人権派法律家が語りガチな「非人道的刑罰だから反対」ではない、「冤罪を主張する機会の損失」を案じているワケでもない、残忍な犯罪者の「更正、社会復帰」なんてことはありえないと思っている。ただ、求刑する検察官も確定する裁判官も実施GOだす法務大臣も実行する刑務官も『ヒト』であり、固よりヒトを殺さないのだよ。「殺してはイケナイ」でも「殺せない」でもなく「殺さない」と表現するのはヒトが社会を作る生き物であるための原則だから。

遺族の感情

「目には目を、歯には歯を」が「同じことをやり返せ」て意味で使われることが多いけど、社会の歴史の中でハンムラビ法典の意義は「過度の報復行為を禁止した法律」ってとこ。

税金で殺人者を養うのか!

でも同じ空気吸っては暮らせない

制度に反対だからってシゴトはシゴト

現行法では裁判での死刑の確定から一定期間内に執行されるべし、と決まっている。法曹の頂点である法務大臣が個別に執行を決定することになっている。それは法務大臣の仕事、執行しなければそれは単なるサボタージュ

広告を非表示にする