卒業の日

ゲンプクの古事だとか孔子だとかなんだかんだ語れる15歳だけれども,卒業文集冒頭の校長さん①選挙に行け己が一員であることを示せ②いろんな手で騙す悪者が現れるが賢さを身に着けてしのげ③自分じゃなくて他人に光を当てる生き方も素敵だぞ,ああなんかいい先生だなぁと思った。
みっちり字数埋める野球部の子たち。3行くらいで書けなくなっちゃう子はあんまり学校に来なかった子らしい。超有名校に進学する子も特別違う作文するわけでもない。など,いろいろ読み応えのある卒業文集。
結構丁度よくクラブチームで頑張ったことをコンパクトにマトメた長男のなかなかの文才も喜ばしきかな。おめでとう。

広告を非表示にする