They are レッズ

なんだか選手もJで最も凶暴(賛辞)なハズのサポーター達も,一年間お疲れ様感でテレビの中ではイマイチ元気なく見えた。その中で気を吐くワシントン,巨体をトップスピードまで引っ張りながら0°角シュートの2点目。お見事,これぞストライカーの仕事。あとアベッカムも「え?そこから打っちゃうの?」的な覇気。しかし,いつものレッズだと何人も居るみたく見えるスズキケータが1人分しか見えないし,トゥーリオは捲り上げても不発だし本来の守備位置でもスキ空けちゃう場面あるし。全体的にはやっぱりしんどそう。ところがACLの決勝戦を見たところ「次のこのカードでレッズは勝てない」と思ってしまったセパハンはもっと元気が無くて結果3−1。次はACミランだって,おー。

広告を非表示にする