読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fake

専門学校の卒業制作みたいな曲だった。

「真実」が映っているワケではない。だからフェイクか。あと取材に来た外国人記者がキワドいことばっか訊く、「あの記者もフェイクでしょ?」って監督トークショーで訊けばよかったなって思い出し後悔。

 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/iidaichishi/20160615-00058863/

広告を非表示にする

早稲田松竹二本立て

■I'm not there

恋人と腕組んだレコードジャケットの街並みと衣装でじゃれつきながら歩く場面と、ファブ4と戯れてる場面、あとリッチーヘイブンの演奏。ケイト・ブランシェットのパートが鼻持ちならない若造面。音楽がだいたいカバーされた知らないボブディランの曲だった。フォレストガンプ感。

■キャロル

こっちもケイト・ブランシェット、あとルーニー・マーラ。で、レズビアンロードムービー。車とか衣装がスタイリッシュ。

ルーニー・マーラウィノナ・ライダーとかペネロペ・クルスとか「ヘップバーン型」って伝承してるな。ケイト・ブランシェットニコール・キッドマンとかと並んで「グレースケリー型」かも、などと。

 

広告を非表示にする

早稲田松竹二本立て

■太陽

ワーゲンビートルのカブリオレ(EV改造済)とホンダS800、あと鶴見シンゴが出てくる。

アイアムアヒーロー

すごいゾンビ山積み。岡田義徳のヒャッハー「パーティだぜ」感とアクションがエライかっこいい。

広告を非表示にする

シンゴジラを観ました

1964ゴジラオマージュなピュア災いムービー無慈悲、観光名所めぐりルート、東北の震災から福島の原発事故の対応メッセージ性、作戦本部クレイジー精鋭率いる長谷川はもっとキレてるとこ見たかった園子温作品に出てる時みたいに。

最近の邦画にはめずらしく、リリーフランキーもキキキリンも出てこない。

ハンナ

風呂あがりにちょっとテレビ観るつもりでそのまま見入ったりして。ケイト・ブランシェットが真矢ミキに見えてくる。ハンナはやたら走る、バイオニック・ジェミーみたいに走る。

広告を非表示にする